しっかりと供養しよう

亡くなった方をしっかり供養しましょう。 - お墓に供える仏花について

お墓に供える仏花について

お墓を所有している場合、お墓参りに定期的に行くと思いますが、その際に必ずと言っていいほど持参するのがお花だと思います。お墓だけでなく自宅の仏壇にお供えする花も切らさずにいる方も多いのではないでしょうか。このお墓に持参するお花にはどのような物が良いのでしょうか。

備える花の呼び方

仏教では仏花(ぶっか)、宗教不問の時には供花(くげ)と使い分ける事が多いようです。また仏花には浄土に咲く花と言う意味も込められていて、命の尊さや無常さを示すとも言われています。

仏花の形態

仏花は同じ種類の花束2束で1対と決まっています。形は榊のようにひし形に整える事が一般的で、本数は奇数で3本、5本、7本程度が良いとされています。

仏花の色について

一般的には四十九日を過ぎるまでは、白のお花が良いと言われています。その後は白、赤、黄色、紫、ピンクの5色をメインとする事が多いようです。

仏花の花の種類について

基本的にとげのあるような花はNGとされる事が多いようです。また、極端に香りの強い花も敬遠する傾向があります。具体的な花の種類で言えば、輪菊、小菊、洋菊、カーネーション、等を中心にする事が多いと言われています。

仏花の供え方について

基本的にはお墓にお参りする人に向けてお供えする事とされています。仏壇の場合でも同様で、焼香する人側に向けてお供えします。命あるものに感謝すると言う意味があり、供養する人の心を清める作用があるとも言われています。お墓にはどの宗教でも墓石が必ず存在します。

何故墓石なのかは正式には分かっていませんが、墓石の加工様式も様々なものがあります。墓石の加工様式にはどのようなものがあるのでしょうか。

墓石の加工様式の種類と特徴について

お墓に供える仏花について

  • ・スリン化工
    仏石に座布団しいたような状態で、形もイメージしやすいものです。
  • ・蓮華加工
    ハスの花をイメージし、加工したものです。
  • ・亀腹加工
    亀甲を思わせるような形をしており、仏教絵図にも見られると言われている亀の背中に仏石を祀るスタイルを言います。
  • ・額縁加工
    位牌に似た形をしており、仏石の真正面に額縁の輪郭を取り、加工を施したものを言います。
  • ・中箱加工
    仏石頭の部分に箱型の加工を施したものです。この加工法の由来等は特にないと言われています。
  • ・猫足加工
    墓石の花台として、上部に仏石を祀るものです。
  • ・大名型加工
    墓石の屋根型笠の部分を仏石の上に置き、一般的には額縁加工と一緒に加工される事が多いと言われています。
  • ・水垂加工
    別名を水切り加工とも言います。

墓石の加工様式の種類と特徴について

上台に加工を施して、仏石の水切りを良くする加工方法の1つです。この加工方法があるのとないのでは、墓石の寿命に大きく違いが出る事があるそうです。このように墓石の加工には様々な種類や特徴、由来などがあります。どの加工方法を選ぶかは基本的には自由なようですが、宗教や宗派によっては、定められている事もあるようです。

それぞれの加工様式を石材店等で見比べてから決める事も出来るようです。これからはじめての霊園選びをする方、首都圏最大級の霊園墓地情報サイトへアクセスして霊園を選びましょう。

■できるだけ葬儀をシンプルに行いたい場合は家族葬!

Copyright(C)2015 しっかりと供養しよう All Rights Reserved.